NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  山崎拓氏ら長老の反旗が通じるだろうか

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

山崎拓氏ら長老の反旗が通じるだろうか

寄稿:池田龍夫

2015年6月14日

前号で、「自民党内のチェック機能低下が、安倍政権の独走につながっている」と記したが、山崎拓元自民党副総裁(78)ら元衆院議員4人が6月12日、安全保障関連法案に対して「憲法解釈を一内閣の恣意によって変更することは認めがたい」として反対を表明した。

これに同調した人は、自民党時代に政調会長を務めた亀井静香・衆院議員=無所属=、元新党さきがけ代表の武村正義氏(80)、元民主党幹事長の藤井裕久氏(82)の3人。武村、藤井両氏はかつて自民党に所属しており、計4人はいずれも戦前生まれだ。

山崎氏は防衛長官や党安保調査会長などを歴任した防衛族。小泉政権下での自衛隊海外派遣について「不戦国家から軍事力行使国家へとの大転換を意味し、国策を大きく誤る」とする声明を発表したことがある。

山崎氏ら長老の動きに若手が同調するようだと、自民党体質改善につながるだろうが、安倍首相に媚を売る議員の多い現状打破は無理なような気がする。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

(50)米・中・露の戦略下におかれた自立もどきの日本外交

第7話 約95%の医者は「排除」の作用だけに目を向けている

威嚇を牽制と言うまやかし―日米合同訓練と憲法

トランプ米国大統領の日韓訪問に関する共同声明