NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  ほんとは止めたい観閲式?・・・しかし!

【NPJ通信・連載記事】練馬自衛隊基地ウオッチング~ダイコンと基地の街~/坂本 茂

過去の記事へ

ほんとは止めたい観閲式?・・・しかし!

2013年5月6日

防衛省・自衛隊の制服(武官)も背広(文官)も、うんざりしている。「本業を忘れ、準備に600日、莫大なコストをかけて・・・そろそろおやめください」 と殿様を説得している噂が防衛省・自衛隊から流れてくる。
代々の防衛庁長官や防衛大臣などは 「陸海空24万の前でデカイツラが出来るのは唯一この日だけだ! 止めろなんて 文句言うな」 と言い続けている。
2012年3月23日、朝霞訓練場(埼玉県朝霞市・新座市)で来年実施される平成25年度中央観閲式の企画統制班が、第一師団(東京都練馬区)に発足した。
観閲式など軍事パレードを毎年やっている国は、北朝鮮(朝鮮民主主義共和国)と日本だけ。
今、国会では復興予算を 「俺にくれ」 とドサクサに紛れ、国民を監視する情報保全隊の携帯電話などに8000万という血税を流用しようとしている。
防衛省は2年前の観閲式に飛行機や戦車の使用燃料は、91万リットル(現価格約2億2千500万円相当)と発表している。 「不要不急」 とは誰が言ったのだろうか。

・東部方面隊創立53周年記念行事
観閲式(パレード)に伴う航空機飛行情報(予定) PDF

観艦式で観閲飛行をドタキャンした陸・空自の航空機
10月14日、相模湾で実施された観艦式だ。燕尾服にシルクハット姿の防衛大臣と首相が小雨の中 「戦艦」 くらまの観閲台でささやいていた。 「おい、海上自衛隊の飛行機は飛んだが、陸自と空自はどうして飛ばないのだ」。 すると部下は 「申し訳ありません。悪天候のため陸・空の航空機は出勤をとりやめたそうです」 と小声で耳打ちしたようだ。
その直後、野田首相は隊員たちの訓示として旧大日本帝国海軍で愛国心育成した 「自戒のことば」 である 「五(ご)省(せい)」 を引用し、 さらに日露戦争の日本海海戦において東郷平八郎連合艦隊司令官の 「皇国(こうこく)の興廃(こうはい)は此(こ)の一戦(いっせん)に在(あ)り各員(かくいん)一層(いっそう)奮励(ふんれい)努力(どりょく)せよ」 の一部の言葉を引用した。

ヘリコプター地上高度103メートルと防衛省発表:2007年中央観閲式(朝霞訓練場)

大臣だけではない・・もう一人殿様が朝霞駐屯地で威張っている
本年9月、朝霞駐屯地(東京都練馬区大泉学園町)から自治体へ、東部方面隊創立53周年記念行事(10月28日)の概要(案)が告知された。 観閲式に伴う事前訓練が10月19日・23日・24日・25日。行事当日の観閲式規模はヘリコプターなど25機、戦車など150両だ。 朝霞駐屯地は自治体へ中央観閲式の半分程度と通知している。
10月12日、殿様たちへ住民の代表や大学生たちは防衛省へ直訴した。
住民たちは防衛省に病気療養中、高齢者、幼児等への影響また夜間勤務の住民における昼間睡眠への影響を配慮してと要請した。
防衛省は2010年の観閲式苦情件数212件、式場通過高度を339フィート(103メートル)、 戦車・ヘリなど使用燃料91万リットル(現価格約2億2千500万円相当)と発表した。 今まで観閲式に関する騒音苦情は読売・毎日新聞などが大きく取り上げている。

自衛隊の隣は小学校 28日は授業参観日!
観閲飛行や戦車走り回る 配慮して
住民たちは 「観閲式が実施される10月28日は新座市の全小学校が授業参観日だ、 配慮して」 と強く訴えた。
さらに長い住民運動によって以下の7項目の要望が実現したことも説明した。
Ⅰ 中央観閲式が毎年から3年に1度に。
Ⅱ 2010年の観閲式より今回の東部方面隊創立53周年記念行事も含め東部方面隊ホームページで訓練内容告知。
Ⅲ 2010年の観閲式は町内会掲示板へ騒音の迷惑に関するポスター貼り出し。
Ⅳ 東部方面隊創立行事に関する自治体告知が2009年の15日前から本年52日前に。
Ⅴ 2009年10月3日東部方面隊創立行事の航空機30機から23機へ削減、2010年10月24日観閲式の航空機76機から66機(米軍機含む)へ削減。
Ⅵ 今回の東部方面隊創立行事ではコンサートに大砲使用を中止。
Ⅶ 観閲飛行や大砲の空包発射など中止。2009年4月、 第1師団創立記念行事(練馬駐屯地祭)に関して練馬区役所や住民が駐屯地と話し合うなどして実現した。

前都会議員はヘリコプターの音に敏感になっている住民から 「何かあったのですか、まさかオスプレイじゃないですね」 と問われる。 基地に隣接する住民は記念行事で住民から反感をかうことはよくない配慮せよという。

住宅街1万1千メートルの距離を
高度150メートル以下でヘリ編隊飛行続ける
平和委員会は、ヘリコプターが朝霞訓練場観閲式場を地上高度110メートル(朝霞駐屯地発表)で飛ぶという、 住宅密集地は航空機の訓練場ではない危険だ。オスプレイは60メートルで移行するのは危険だとして日米で150メートルと決めた。 地上150メートルで失速すれば6秒で墜落する。 観閲飛行の、武蔵浦和駅から関越道まで距離約1万1千メートルを150メートル以下の超低空飛行訓練を中止するよう求めた。 さらに、東部方面総監部(朝霞駐屯地)は観閲式に関するホームページを10月7日立ち上げたが、 1~2日で突然消えてしまった件などについて防衛省から以下のような回答があった。

「同じ訓練を2回もやられては住民はたまらないと思う」
防衛省、住民に同情
防衛省の文書課という背広組から 「本番と同じ訓練を2回もやられては住民はたまらないと思う、減らす方向で検討している。 ホームページは意図的に隠そうと思って消したわけではない、部隊を強く指導する。」 「米軍機は来ない、米軍機へのリクエストはない」 と回答した。
交渉の直後、消えたホームページは一応現れたが、訓練の詳細が消え大雑把な内容になった。 朝霞駐屯地へ問い合わせると 「天候によって左右されるため」 と答えた。 さらに止めればいいのに私を指して 「特定の人には飛行機のルートについて細かく説明はしない」 と言い放った。
消えた東部方面隊のホームページに関して練馬区総務係の職員は、私に 「消えたホームページには(練馬区や埼玉県、朝霞市のホームページなど広報紙は “陸上自衛隊東部方面隊記念行事の実施に伴い、 大きな音などでご迷惑をかけます” と説明する)大きな音で迷惑かけるとでも書いてあったんでしょうか」 と質問した。 私は 「決してそのような迷惑をかけてごめんなさいなどという謙虚な言葉は一切なく、 ただ、観閲式で予行も含め5日間、4県1都26市1町の上空を編隊飛行が何機何時ごろ通過するという情報のみです」 と答えると唖然とした表情で私を見つめた。別の総務係職員に 「朝霞訓練場は地上高度110メートルのヘリコプター編隊飛行がある」 と説明すると、 「練馬区役所が20階建てで100メートルですよ」 と驚いた様子だった。

朝霞の殿様は 「感謝無敵」 という言葉がお好き
10月28日の1都10県、関東甲信越2万人の隊員を指揮下に置く渡部悦和東部方面総監は 「2万人の前でデカイツラが出来るのは唯一この日だけだ! 止めろなんて 文句言うな」 とでも歴代防衛庁長官や大臣などと同じ考えなんだろうか。 その殿様は 「有難うございますという言葉が最も美しい日本語だと思う」 なんと隊員向けに言う。 児童や住民は150メートルも超低空で飛び回るヘリコプター25機編隊飛行の下で勉強や生活している。 爆音直下の住宅密集地で誰が 「自衛隊さん有難うございますと」 言うのだろうか。 朝霞の殿様は 「不断の終わりなき改善」 という言葉もお好きなようだ。殿様ご自身の頭も早期に改善して欲しいものだ。 我々は庶民の目線で見られない 「感謝無敵」 なんてのんきなことを言っている殿様がここにもいることを忘れない。

騒音苦情は爆音直下の自治体へ
観閲式に伴う事前訓練が10月19日・23日・24日・25日。行事当日の観閲式規模はヘリコプターなど24機、戦車など150両、 10月19日・23日は隊長機が7機飛行するようだ。
特に10月24日・25日午後2時半から3時半の間、ヘリコプターなど24機の編隊飛行が予定されている。 埼玉県越谷市・吉川市・さいたま市・春日部市、千葉県野田市・柏市・流山市、茨城県坂東市は2時半から3時20分の約50分間待機飛行や通過、 午後3時10分から3時15分の間は武蔵浦和駅⇒朝霞駅⇒朝霞訓練場地上110メートル⇒関越道と埼玉県朝霞市・志木市・和光市・新座市、 東京都練馬区上空を飛び回る。
本番の10月28日は午前10時20分頃から11時25分頃まで上記の場所を待機通過などして観閲編隊飛行が予定されている。
騒音苦情や中止要請は最寄の自治体へ “自衛隊へ申し伝えてください” と相談するといい。

来年は中央観閲式と日米共同演習が朝霞駐屯地で予定されている。

こんな記事もオススメです!

第60回 都議選と、同日に開催したコンサート報告など

第2話 近代西洋医学の盲点

(45)日本の将来のためにオールジャパンで水を守れ!

メディアの使命とIOC改革