NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  集団的自衛権論議に自民党の一部、自治体首長からも反論

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

集団的自衛権論議に自民党の一部、自治体首長からも反論

寄稿:池田龍夫

2014年6月19日

集団的自衛権をめぐって、自民党内でも「安倍首相は急ぎすぎ。もっと論議を尽くすべきだ」との声が高まっている。政府は6月17日に閣議決定原案をいったん示したが、公明党が難色を示すなどで混乱。22日までの今国会会期中の合意が困難な情勢となった。

岐阜県自民が首相に意見書を提出した(東京新聞6月10日付朝刊)。県内42市町村議会のすべてが「慎重論議」を求めた意見書だ。岐阜自民は全5小選挙区を独占しており、他地域への影響は大きかろう。先に野田聖子自民党総務会長(岐阜1区衆院議員)が、月刊誌「世界6月号」で自重を求めていたが、古賀誠氏(元自民党幹事長)と脇雅史参院自民幹事長も同誌7月号に同趣旨の意見を述べている。

さらに東京新聞6月16日付朝刊「地方自治強まる危機感」の続報に驚かされた。東京都知事、埼玉、長野、愛知、広島、大分各県知事が「改定ノー」の意思表示。横須賀市長や長崎市長も同様の姿勢を示したという。

公明党の慎重論は根強く、会期末を控えた国会は荒れ模様だ。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB、紙面審査委員長など。

こんな記事もオススメです!

国民が緊急事態条項を考えるために必要なこと

森友学園…幕引きは許されない

この時代、私たちに活路はあるか~安倍内閣を倒すしかない

第76回「森と海はつながっている〜崩れていく海洋生態系の話(4)」