NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  戦闘地域では後方支援でも危険

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

戦闘地域では後方支援でも危険

寄稿:池田龍夫

2015年7月20日

「33年間、主に戦車隊で働き、今年1月に2等陸曹で退職した。専守防衛を超えかねない集団的自衛権の議論に、『国民を守る楯としてなら命を落としても悔いはない。戦闘が始まれば、弾薬や燃料などを多国のケンカに首を突っ込み、死を強いられるのはごめんだ』と感じる。『後方支援』にあたる弾薬補給陸曹も務めていた。戦闘が始まれば、弾薬や燃料などを寸刻も切らさず補給しなければならない。戦争に前方も後方もない。補給部隊は格好のターゲットになるリスクが高い」――

札幌市で7月11日開かれた安全保障法制に反対する集会で 元自衛官の末延峰成さん(53)が「間違いなく自衛隊員の血が流れます」と法案の危険性を訴える姿に感銘した。「平和で安心して生きていけるよう声を挙げつづけたい」との決意に大きな拍手が巻き起こった。

この集会を見逃さず報道した朝日新聞7月12日付朝刊にも拍手を送りたい。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB

こんな記事もオススメです!

安倍内閣の反民主的体質      “逃げまくり”で一層明らかに

時の政権”の支持率アップの おまじない か!?

“独裁”で急加速…自民の改憲案作り

(43)反・嫌中感情と北朝鮮ミサイルに翻弄された「小人島の豆人間」(2)