NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  若者たちの運動「SEALDs」を全面的にサポート

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

若者たちの運動「SEALDs」を全面的にサポート

寄稿:池田龍夫

2015年11月2日

「私たちは、自由と民主主義に基づく政治を求める」とのスローガンを掲げた若者の運動SEALDsが全国各地に広がっている。右傾化路線の安倍晋三政権に反対する純粋な行動で、支持を集めている。

SEALDsとは、「Students Emergency Action for Liberal Democracyで、自由と民主主義のための学生緊急行動。代表は、明治学院大・奥田愛基さん。担い手は10代から20代前半の若い世代。SEALDsの基本的考え方は、次のように要約できる。

自由と民主主義を尊重

「私たちは、戦後70年築いてきた自由と民主主義の伝統を尊重します。そして、その基盤である日本国憲法のもつ価値を守りたいと考える。平和憲法の理念は、いまだ達成されていない未完のプロジェクト。現在、危機に瀕している日本国憲法を守るために、私たちは立憲主義・生活保障・安全保障の3分野で、明確なヴィジョンを表明していく。日本の政治状況は悪化し続けている。2014年には特定秘密保護法や集団的自衛権の行使容認などが強行され、憲法の理念が空洞化してきた。貧困や少子高齢化の問題も深刻で、新たな生活保障の枠組みが求められている。緊張を強める東アジアの安定化も大きな課題。今年7月には集団的自衛権等の安保法整備がされ、来年の参議院選挙以降自民党は改憲を現実のものとしようとしている」

「私たちは、この1年がこの国の行方を左右する非常に重要な期間と認識している。いまこそ、若い世代こそが政治の問題を真剣に考え、現実的なヴィジョンを打ち出さなければなりません。私たちは、日本の自由民主主義の伝統を守るために、従来の政治的枠組みを越えたリベラル勢力の結集を求めます。そして何より、この社会に生きるすべての人が、この問題提起を真剣に受け止め、思考し、行動することを願っています。私たち一人ひとりの行動こそが、日本の自由と民主主義を守る盾となるはずです」

この純粋な「民主主義を守る運動」に共感を深めた。老いも若きも連帯を強化して、この国の民主主義を守り抜こう。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

忖度ジャーナリズムの台頭と情報民主主義社会の衰退

第73回「森と海はつながっている〜崩れていく海洋生態系の話(1)」

「強い日本」はいらない

憲法施行70周年に考えておくべきこと(運動論に引きつけながら)