NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「戦前回帰」を図る安倍政権

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「戦前回帰」を図る安倍政権

寄稿:池田龍夫

2016年2月9日

朝日新聞が行った「憲法学者へのアンケート」によると,63%が自衛隊の存在は「憲法違反」「憲法違反の可能性がある」と答えている。同時に、安部晋三政権が集団的自衛権の行使を認める憲法解釈変更を経て国会に提出した安全保障関連法案については,98%が「違憲」「違憲の可能性」を指摘していた。

ところが,安倍政権は他数憲法学者と国民の反対を押し切り,集団的自衛権は行使できないとの歴代内閣の憲法解釈を、閣議決定だけで変えてしまった。安倍政権は3年前の4月28日,サンフランシスコ講和条約発効の日を「主権回復の日」と銘打って記念式典を行った。4月28日は沖縄にとって,「屈辱の日」なのに・・。安倍政権は戦前回帰を図り、強権を行使しようとしているのである。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

2020年改憲への賛否を問う

総選挙、9条改憲反対、安倍政権退陣の歴史的闘いへ

私たちは北朝鮮脅威論にどのように向き合うのか?―憲法9条護憲論の本気度が問われている (下)

私たちは北朝鮮脅威論にどのように向き合うのか?―憲法9条護憲論の本気度が問われている (上)