NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  明日の自由を守るために 3女性ファッション雑誌 「VERY」 に当会会員が登場した件のその後

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

明日の自由を守るために 3
女性ファッション雑誌 「VERY」 に当会会員が登場した件のその後

寄稿:明日の自由を守る若手弁護士の会 本田千尋

2014年5月5日

1 子育て世代の女性向けのファッション雑誌 「VERY」 3月号(2014年2月発売)に、 「お母さんこそ改憲の前に知憲!」 と題する特集が組まれ、当会会員の太田啓子弁護士が登場し、モデルやタレントらと、 自民党改憲草案、秘密保護法、集団的自衛権について会談したことについては、前回ご報告しました。
この件で、3月に明らかとなったことがあります。特集を組んだ光文社に対して、 内閣広報室の職員が昨年12月に 「うちも取材してくれませんか」 と電話をしていたのです。 報道によると、内閣広報室は、「正確な情報を知って欲しいと思った」 と説明しています。 しかし、首相を直接補佐する組織から政府見解を載せてほしいと直接言われたら、編集者が萎縮することは容易に想像できます。
当会では、権力がメディアに介入し、圧力をかけたと思われても仕方がない行為であるとして、 強く抗議をする 声明 を発表しました。

2 第2回総会を開催します
当会の結成から1年が経ちました。2月に会員が300名を超えました。昨年12月に弁護士に登録したばかりの方(66期)はもちろん、 それ以外の方からの登録が続いています。
当会では、4月19日、東京にて第2回総会を開催します。
全国から会員が集合し、各地の活動を報告し、交流を深め、今後の活動について議論します。 また浅井基文さんに、集団的自衛権をテーマにご講演いただきます。
一般の方の参加は受け付けておりませんが、取材の方は、 当会事務局長の早田由布子(hayata@junpo.org ・ 旬報法律事務所 03-3580-5311)までご連絡ください。

 

こんな記事もオススメです!

第83回「動物園での保全教育一考(3)」

( 42 ) 反・嫌中感情と北朝鮮ミサイルに翻弄された「小人島の豆人間」(1)

朝鮮半島の危機に直面して~対話による解決しかない対米追従のみの安倍外交の無能、無策

第82回「動物園での保全教育一考(2)」