NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJトピックス  >  【動画】【戦後75周年シリーズ : 第一弾】 韓国における米軍駐留経費をめぐる米韓交渉 ―韓国からの報告―

NPJトピックス

NPJトピックス一覧へ

【動画】【戦後75周年シリーズ : 第一弾】
 韓国における米軍駐留経費をめぐる米韓交渉 ―韓国からの報告―

2020年9月18日


【動画】【戦後75周年シリーズ : 第一弾】
 韓国における米軍駐留経費をめぐる米韓交渉 ―韓国からの報告―



 2020年は戦後75周年の年。戦後日本はどのような道を歩んできたのか、そしてこれからの日本外交がすすむべき針路は――。新外交イニシアティブ (ND) は、世界の平和と安全保障そして持続的な発展にとって重要課題であるアジア・太平洋地域の平和的かつ建設的な外交関係を構築するため、戦後75周年連続企画を立ち上げました。第一弾となる今回は、米軍駐留経費をとりあげます。

 米トランプ政権は、在日米軍駐留経費を現在の 4 倍強にあたる80億ドル (約8500億円) 支払うよう日本に要求していると報じられています。既に日本の駐留経費負担は、防衛省試算によれば全経費の86パーセントに上り、これまでも国内で多くの批判がなされてきました。日米交渉はこの夏にも始まるとされていますが、日本政府は米国の要求にどのように対応するのでしょうか。

 これに先駆け、米国と韓国の間では昨年から「防衛費分担金特別協定」の交渉が続けられています。米国側は現行の 5 倍増を韓国側に求めましたが,韓国側はこれを拒否し、交渉は平行線をたどっています。

 新外交イニシアティブでは、「防衛費分担金特別協定」に詳しい韓国のパク・ジンソク弁護士をお迎えし、韓米交渉の経緯や現状、今後の見通し、これを取り巻く韓国世論などについてご報告いただきます。

●講師:パク・ジンソク (弁護士)

【プロフィール】
パク・ジンソク
法務法人DLSパートナー弁護士。2019年第11次韓米防衛費分担金特別協定対応方案国会討論会・発表者。

●通訳:白充 (弁護士、新外交イニシアティブ研究員)
●司会:猿田佐世 (ND代表/弁護士)

主催 : 新外交イニシアティブ (ND) 事務局
http://www.nd-initiative.org/

出典 : 新外交イニシアティブ (ND)

こんな記事もオススメです!

「桜」疑惑の本質は安倍前首相による公権力の私物化~検察の捜査への根本的な疑問とマスメディアの課題 / 美浦克教

黒川弘務東京高検検事長の定年延長を決めた閣議決定に関し情報公開請求し提訴した理由・目的

小笠原みどりの「データと監視と私」 監視資本主義とはなにか 「スーパーシティ 」の内実を暴く

東大・加藤陽子教授が学術会議問題でメッセージ「政府に従順でない人々を切っておく事態」