NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ訟廷日誌  >  福島原発さいたま訴訟・第10回 口頭弁論ぜひ傍聴にお運びください!

NPJ訟廷日誌

NPJ訟廷日誌一覧へ

福島原発さいたま訴訟・第10回 口頭弁論
ぜひ傍聴にお運びください!

2016年3月30日

2016年4/13(水)15時開廷 さいたま地裁 101号法廷(JR浦和駅西口より徒歩10分)

*傍聴希望の方は、14:20までに地裁B棟前にお越し下さい

● 1月27日の第9回期日では、皆様のおかげで傍聴席がほぼ満席となりました。本当にありがとうございました。
第9回期日では、東電設計(株)が2008年4月に作成した、福島第1原発における15m超の津波高を予測した検討結果を弁護団が入手し、本裁判で証拠提出しました。「津波は予測不可能だった」と言い張る東電が提出を拒み、これまで公開されていなかった文書です。この文書をもとに原告弁護団は、震災の3年前に東電側が福島第1原発での15m超の津波と非常用電源等の水没を予測し、「津波対策は不可避」と認識していたにもかかわらず対策を怠ってきたこと。国も適切に監督権限を行使しなかったことを、厳しく追及しました。

● 政府や県の福島原発事故「収束」方針を、決して許してはなりません!
2月18日には、福島原発事故で福島県から京都市内に自主避難した家族が、仕事を失った上に精神疾患を発症したとして、東電を相手取った損害賠償請求訴訟で、京都地裁(三木昌之裁判長)は、3,000万円の支払いを東電に命じました。「自主避難者」に対する東電の賠償責任が認められた初めての判決です。3月9日には大津地裁が、高浜原発3・4号機について、関西電力に運転停止を命じる仮処分の決定を下し、25日には、四国電力が伊方原発1号機(愛媛県)を廃炉にすると発表。日本の原発をめぐる状況は確実にに変わりつつあります。今回も満員の傍聴で原告を応援しましょう。ぜひ傍聴にお運びください。

● 終了後に 報告集会と懇談会 を行います! 会場:埼玉総合法律事務所3階会議室(地裁より徒歩3分)

こんな記事もオススメです!

【速報】伊方原発運転差止め仮処分広島地裁決定要旨全文を掲載します

司法試験合格者向け学習会&事務所訪問企画への 参加呼びかけ

川内原発稼働等差止仮処分即時抗告審福岡高裁宮崎支部決定要旨を掲載します

【脱原発弁護団全国連絡会】大津地裁高浜3、4号機運転禁止仮処分決定に関する声明