NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ訟廷日誌  >  福島原発さいたま訴訟第2回口頭弁論の傍聴にご参加を!

NPJ訟廷日誌

NPJ訟廷日誌一覧へ

福島原発さいたま訴訟第2回口頭弁論の傍聴にご参加を!

2014年9月1日

福島原発さいたま訴訟第2回口頭弁論及び報告集会

とき:9月24日(水)15時開廷 さいたま地裁 (JR浦和駅西口より徒歩10分)

傍聴券が配られる予定です。14:15にさいたま地裁本館前にお集まり下さい。

今回もまた傍聴席を満席にしましょう!

裁判終了後、弁護団主催の報告集会があります

場所:さいたま共済会館(さいたま地裁より徒歩5分)

内容:口頭弁論期日の説明、原告側の主張の概要

福島原発事故により、放射能汚染と被曝の恐怖にさらされて埼玉県に避難してきた被災者の方々は、懐かしい故郷を追われ、困難極まる避難生活を強いられています。このような被害を2度と繰り返させたくないと、6世帯16名の方々が、2014年3月10日、さいたま地裁に、国と東京電力を被告とする損害賠償請求訴訟を提起しました。

6月18日の第1回口頭弁論では、原告男性が、平和な日常生活を破壊され、ふるさとを追われ、十分な賠償もないまま避難生活を強いられている現状を、深い憤りをこめて意見陳述し、原告代理人弁護士が、「国及び東京電力の法的責任を明らかにし、被害者への十分な賠償を求め、同様の事故を二度と起こさないための裁判」であることを強調しました。

訴状に記載された内容について、国側は、国会事故調や政府事故調の報告書に「記載がある」ものについては、「記載がある」事実のみを認め、それ以外について理由を述べずに否認。さらには、訴状における原告らの請求について、被告ら(国、東電)はいずれも棄却を求めています。

原告代理人弁護士は、その不誠実な態度を批判し、きちんと答弁するよう求釈明を行い、国側代理人は裁判長に促されて、ようやく次回期日が決まりました。被告側が訴状に対する認否をおこなう重要な期日です。ぜひ傍聴にご参加ください。

福島原発さいたま訴訟を支援する会

http://fukusaishien.com/

吉廣慶子(みさと法律事務所)

〒341-0024  三郷市三郷1-13-12  MTビル2F みさと法律事務所

tel:048-960-0591 fax:048-960-0592

Email:apply@fukusaishien.com

 

 

こんな記事もオススメです!

加計学園問題で関係大臣宛に提出した要望書と質問状を掲載します

【速報】伊方原発運転差止め仮処分広島地裁決定要旨全文を掲載します

司法試験合格者向け学習会&事務所訪問企画への 参加呼びかけ

川内原発稼働等差止仮処分即時抗告審福岡高裁宮崎支部決定要旨を掲載します