NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  ポツダム宣言「当然、読んでいる」との内閣答弁書の欺瞞

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

ポツダム宣言「当然、読んでいる」との内閣答弁書の欺瞞

寄稿:池田龍夫

2015年6月5日

安倍晋三首相が5月20日の党首討論で、第2次世界大戦で日本が降伏を勧告されたポツダム宣言を「つまびらかに読んでいない」と答弁したことについて、安倍内閣は2日の閣議で「当然、読んでいる」とする答弁書を決定した。

維新の党の初鹿明博衆院議員の質問主意書への政府答弁書によると、首相は「具体的な発言の通告が事前になされなかったため、ポツダム宣言の正確な文言を手元に有しておらず、そのような状況で具体的な文言に関する議論となったため、つまびらかではないという趣旨を申し上げた」と弁明。ポツダム宣言に対する見解についても問われ「我が国はポツダム宣言を受諾して降伏したものである」としたものの、首相の最初の答弁を翻した〝逃げ腰〟答弁はまことに不誠実である。

安倍首相の国会答弁には、この種のはぐらかしが多すぎる。野党が衆院予算委で審議拒否せざるを得なかった顛末が読み取れる。こんな軽はずみな答弁を繰りかえすようでは「首相失格」である。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

忖度ジャーナリズムの台頭と情報民主主義社会の衰退

第73回「森と海はつながっている〜崩れていく海洋生態系の話(1)」

「強い日本」はいらない

憲法施行70周年に考えておくべきこと(運動論に引きつけながら)