NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  安保法制、憲法学者3人がそろって「違憲」の判断

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

安保法制、憲法学者3人がそろって「違憲」の判断

寄稿:池田龍夫

2015年6月7日

衆院憲法審査会・参考人質疑の重み

衆院憲法審査会は6月4日、与野党が推薦した憲法学者3人を招いて参考人質疑を行った。参考人は、自民・公明・次世代の党推薦の長谷部恭男早大大学院教授、民主党推薦の小林節慶大名誉教授、維新の党推薦の笹田栄司早大教授。

「外国軍隊の武力行使と一体化する恐れ」

長谷部氏は集団的自衛権の行使容認について「憲法違反だ。従来の政府見解基本的枠組みでは説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがす」と指摘。「外国軍隊の武力行使と一体化する恐れがある」と述べた。小林氏も「憲法9条は海外で軍事活動する法的資格を与えていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くのは憲法違反だ」と批判した。政府が集団的自衛権の行使例として想定しているホルムズ海峡での機雷掃海や、朝鮮半島騒乱の場合に日本人を輸送する米艦船への援護も「個別的自衛権で説明がつく」との見解を示した。笹田氏も従来の安保体制を「内閣法制局と自民党が(憲法との整合性を)ガラス細工のようにぎりぎりで保ってきた。しかし今回、踏み越えてしまった」と語った。

「野党にうまく利用された」と自民議員が的外れ発言

今回の憲法審査会は、違うテーマで質疑が予定されていたが、民主党議員から「安保関連法案は憲法違反ではないか」との質問が出て、参考人それぞれの憲法論に発展した。

毎日新聞5日付社説が「憲法や安全保障について3人の考え方は、必ずしも近くない。その3人が、憲法改正手続きを無視した安倍内閣のやり方はおかしいという点で一致したことの意味は重い」と指摘していた。審査会の自民党メンバーが「長谷部氏は立憲主義の権威であり、この日の議題に合うと思ったが、野党にうまく利用されてしまった」と悔やんでいたが、まことにおかしな反応。学者3人の指摘を謙虚に受け止め、熟議すべき国会議員の責務を放棄したような感想ではないか。

安保関連法案に「レッドカード」が突きつけられたことを、政府自民党は深刻に反省すべきである。国民の多くも「分けがわからない」と思っており、拙速は許されない。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

(47)アノミー化する世界状況と日本

憲法無視の政治に終止符を

第5話 体(細胞)が酸性に傾くと免疫力が低下する訳

安倍9条改憲を止めるために全力をあげよう