NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「戦後70年談話」閣議決定をしたくない安倍首相の屁理屈

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「戦後70年談話」閣議決定をしたくない安倍首相の屁理屈

寄稿:池田龍夫

2015年6月24日

「安倍晋三首相は今夏に発表する『戦後70年談話』について、閣議決定を見送る方針である」と、読売新聞6月22日付朝刊が特報した。政府の公式見解としての意味合いを薄め、過去の談話にとらわれない内容とする狙いのようだ。

朝日新聞は23日付朝刊で後追いし、同趣旨の記事を報じたが、「閣議決定したメッセージは『首相談話』と呼ばれ、それ以外は『首相の談話』として区別される。談話を閣議決定せず、安倍首相の個人的な『首相の談話』とすることで、そうした懸念も考慮したものとみられる」と記していた。

政府は、戦後50年に村山首相談話、60年に小泉首相談話をそれぞれ閣議決定した。いずれも「植民地支配と侵略」により、アジア諸国に「多大の損害と苦痛」を与えたとして、反省の意を表明しており、政府の公式見解となっている。これに対し安倍首相は「全体として引き継ぐ」と明言しているものの、同じことを言うなら談話を出す必要はないと述べ、個別の文言にはこだわらない考えを示している。

安倍首相は「公式見解」を出したくないため、牽強付会な理屈を述べているが、世間に通用するはずがない。国内だけでなく、国際的な良識にももとる恥ずかしい弁解である。

池田龍夫(いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

(47)アノミー化する世界状況と日本

憲法無視の政治に終止符を

第5話 体(細胞)が酸性に傾くと免疫力が低下する訳

安倍9条改憲を止めるために全力をあげよう