NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  川内原発、再稼働を目指しているが・・

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

川内原発、再稼働を目指しているが・・

寄稿:池田龍夫

2015年7月9日

九州電力は7月1日、川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉に核燃料を装着する作業を開始。1号機の再稼働時期を、これまでの7月下旬から8月中旬に見直したことを明らかにした。再稼働に向けた設備検査の工程表を更新し、原子力規制委員会に示した。先行する1号機の検査工程に上乗せする形で、2号機との共用部分の検査が加わった影響で、時期がずれ込んだという。

その結果、1号機の原子炉に核燃料を入れる時期を6月中~下旬から7月上旬に修正、原子炉を起動する時期も8月中旬に見直すことになった。

核燃料集合体157体を1体ずつ原子炉内に入れる作業で、終了までに4日かかる見通し。9月中旬に営業運転させる予定で、再稼働が実現すれば、関西電力大飯原発(福井県おおい町)が停止した2013年以来約2年ぶりに「原発ゼロ」の状態が終わる。

私たちが論じなければいけないのは、原発を再稼働させるか、させないかの選択であるわけだが、住民の再稼働反対の声根強く、難航が憂慮される。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

メディアの使命とIOC改革

2020年東京オリンピック(平和の祭典元年宣言)

急がれる“反安倍”の受け皿整備

オリンピックの意義(オリンピックはあくまでも平和の祭典、スポーツの祭典に非ず)