NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  日米豪共同軍事演習の罠

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

日米豪共同軍事演習の罠

寄稿:池田龍夫

2015年7月13日

日本の自衛隊が7月11日、米国と豪州が行なった大規模な合同軍事演習に初めて参加――朝日新聞11日付朝刊1面トップで特報じた記事に驚かされた。文化交流や経済交流なら歓迎すべきことだが、武器技術協力・安保法制で連携を拡大する狙いとは・・。

米豪両軍は2年に一度、両国から3万人以上が参加する合同軍事演習を実施してきたが、日本が今回初めて参加して3カ国になった。米国の意向を受けたものと見られているが、安倍晋三首相の強い意向でもあったという。

昨年4月に改定した「日米防衛委協力のための指針」でも、日本周辺という地理的制約を無くして、日米両国が第三国と連携を謳い、安倍政権はその筆頭に豪州を上げていた。

池田龍夫(いけだ・たつお)毎日新聞OB

こんな記事もオススメです!

戦争する国づくりにつきすすむ安倍改憲を阻止しよう!

第59回クラシック音楽の問題点(15)「2016年回顧」

米国によるシリア攻撃と北朝鮮威嚇―無法で危険な米トランプ政権の軍事挑発を許さない声を挙げよう

第80回「日本人の自然観と日本の自然保護NGO・研究者・学校教育(2)」