NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  自民党さんのチラシがすごい!なになに、『平和安全法制』だって!?ホントかな? シリーズ①

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

自民党さんのチラシがすごい!なになに、『平和安全法制』だって!?ホントかな? シリーズ①

寄稿:明日の自由を守る若手弁護士の会

2015年7月14日

自民党さん作の「平和安全法制の整備」と題するチラシ。

http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/201506_pamphlet.pdf

「国民の命と平和な暮らしを守る大切な法律です。「スキのない構え」でさらに抑止力を高めます。

戦争に巻き込まれることも 徴兵制も、決してありません。」

だそうです。

 

いやいや、よかった!

(⌒▽⌒;)

…なーんて、言うと思いましたか?

ここは、日本が誇るめんどくさいヤツ、ことあすわかですよ。

突っ込み入れないわけがない!(笑)

☆★☆

「平和安全法制は、抑止力をさらに高めて、戦争が起きないようにするものです。」

…え?ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)

「集団的自衛権の行使」を名目に、今までどのくらいの戦争が起こったと思いますか?

既に破綻していますねー。

ってことで、今回のシリーズは、「集団的自衛権」に関する項目から始めます。

チラシの裏面?(Q&Aとかが載っている面)左側に「平和安全法制のポイント」という囲みがあります。

いちばん上の小見出しが

「日本を守るために集団的自衛権の行使を限定的に容認します」

いちばん下の小見出しが

「新3要件」や国会承認などの厳しい歯止めがあります」。

そんでもって、その右の小さい囲み「武力を行使する際の厳しいルール(あらあら…自分で言っちゃった。しかも武力の行使だって認めてるし)「新3要件」」という囲み、

Q&A欄いちばん左下には

「Q 集団的自衛権って例えば何をするのですか?」

「A 日本人の命を守るための非常に限定的な活動です。」

まぁ、随分と何回も「限定的」「厳しい」って、強調されていますけれど…

これ、あすわか的には既に10周遅れくらいのハナシなんで、

今更どーかとも思うのだけど、

自民党さんがこの期に及んでまだおっしゃるのなら、

あ・ら・た・め・て、突っ込ませていただきましょう。

(ったく、こんなことで時間取らせないでほしいもんだ。忙しいのに…ブツブツ)

 

これらの記述には、3つの「ウソ」があります。

【ウソその1】

過去記事でも指摘したとおり、

http://www.asuno-jiyuu.com/2014/06/yo.html

http://www.asuno-jiyuu.com/2014/05/blog-post_16.html

自民党さんの考える「限定的行使」は、まったく限定的ではありません。

アタリマエの要件を、アタリマエなのに有難そうに並べて、「はい、限定した☆エッヘン」って言ってるだけ。

「山に入って希少種の鳥を捕まえるのは禁止!」って言われているのに、

「ホントに必要だ!ってボクちんが思ったときだけだし、山の所有者の許可を得たから、限定的だからいいでしょ?」って言ってるようなもん。

人様の山に入るのに、所有者の許可がいるのは当然で、

それを「要件」にしたからといって、何が限定されたわけでもない。

重要なのは、鳥を保護する(自衛と称して戦争に参加するのを防ぐ)ことなのに、ズレたところを持ち出して限定したフリをしているだけ。

“限定的”とかまだ言ってるなんて。ふか~いため息(;д;)=3=3=3=3 が出ちゃいますね。

【ウソその2】

だいたい、「限定した」って言っても、

安倍政権は忘れちゃいけない、「特定秘密保護法」を制定したではありませんか。

だから、“限定的”かどうかすら謎なその要件だって、守られるかどうかわかりません。

(「混ぜると、もっとキケン!」http://www.asuno-jiyuu.com/2014/10/blog-post_95.html)

(「特定秘密保護法のもとでの集団的自衛権って?」http://www.asuno-jiyuu.com/2014/05/blog-post_20.html)

「こらこら新人君、課の金庫からカネを取り出して使っただろう」

「はい。でも、社則に書いてある要件があったので、支出してもいいと判断して出金しました」

「ほう。何があったのかね。」

「それはヒミツにすることになっているので、課長には言えません。」

…あなたが課長だったら、これで支出を認めますか?

【ウソその3】

「どんどん拡大解釈しまっせ 閣議決定後、国会で首相が初答弁」

http://www.asuno-jiyuu.com/2014/07/blog-post_15.html

「米軍への武力攻撃」は新3要件に該当する可能性が高い、と。

「日米同盟に深刻な影響が出る場合」には日本も武力行使する可能性大だ、と。

「日本経済への悪影響」を理由にした武力行使もありうる、と。

「満蒙は日本の生命線」とは昭和6年にのちの外相、松岡洋右が述べた言葉ですが、

安倍首相は、国の危機と称して戦争に突入していった、日本の歴史を忘れたのでしょうか?

「今は」限定されているように見えても、

のちの政権がどんな解釈をするかなんて、わかったものではありません。

☆★☆

以上のとおり、自民党さんのいう「限定的」なんてどっからどう見てもまるっきり限定的なんかじゃない!ってことくらい、

あすわかの過去記事で論破済みなんですよ。

それでもまだ、「限定的」って言いますか?ねぇ自民党さん。

こんな記事もオススメです!

第77回「野生のヨウムは救われるのか(1)」

国民が緊急事態条項を考えるために必要なこと

森友学園…幕引きは許されない

この時代、私たちに活路はあるか~安倍内閣を倒すしかない