NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  高裁も「自衛隊機の夜間飛行」を禁止

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

高裁も「自衛隊機の夜間飛行」を禁止

寄稿:池田龍夫

2015年7月31日

米海軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(神奈川県)の夜間・早朝の飛行差し止めと騒音被害に対する損害賠償を国に求めた「第4次厚木基地騒音訴訟」の東京高裁判決で、7月30日、1審・横浜地裁判決に続き自衛隊機の飛行差し止めを命じ、国側の控訴を棄却した。1審・横浜地裁は自衛隊機の飛行差し止めを命じ、国側の控訴を棄却した。差し止めを命じた判断は高裁レベルでは初めてで、各地の騒音訴訟に影響するに違いない。

しかし、「国に米軍機の運航を統括する権限はない」として1審に続いて退けられた米軍機の騒音は自衛隊機より大きく、離着陸回数も多いため、基地周辺の騒音被害はいぜん継続することになる。中谷元防衛相は「最高裁に上訴することを検討したい」と語っており、トラブルはなお続きそうだ。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB

こんな記事もオススメです!

沖縄の若者ゆえの逡巡と葛藤を抱え米軍基地巡る分断の先に見えてきたもの

ビーバーテール通信 第10回 パンデミック政治と想像力

コロナ対策で見えてきた菅流の限界

新政権の落とし穴 ①「寛容」と「自制」を失った安倍・菅政権が招く二極化