NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  自民広島県議が安保法制反対署名1万3000人

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

自民広島県議が安保法制反対署名1万3000人

寄稿:池田龍夫

2015年9月3日

安全保障関連法案への反対する世論が高まっている折、自民党広島県議の小林秀矩氏らは9月1日、首相官邸を訪れ法案撤回を求めた。

小林県議らは広島市民約1万3000人分の署名を提出「法案は憲法9条に抵触しており、政府答弁は不適切なものが多く、理解しがたい」と訴えた。小林県議らは地元で7月に「ストップ・ザ・安保法制・庄原市民の会」を結成し、署名集めなどをしてきた。同会には市議20人のうち、19人が参加しているという。

一地方の〝反乱〟と軽視する勿れ。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

メディアの使命とIOC改革

2020年東京オリンピック(平和の祭典元年宣言)

急がれる“反安倍”の受け皿整備

オリンピックの意義(オリンピックはあくまでも平和の祭典、スポーツの祭典に非ず)