NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「国民をバカにしないで下さい」 大学4年生の訴え

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「国民をバカにしないで下さい」 大学4年生の訴え

寄稿:池田龍夫

2015年9月22日

〝初めに結論ありき〟とばかりに、安全保障関連法案は安倍政権の強引な戦術によって衆参両院で可決成立した。集団的自衛権行使が可能になるわけで、自衛隊の海外活動が拡大する危険性がある。野党や憲法学者から「違憲」との指摘が相次ぎ、メディア各社の世論調査でも反対が多い中、政府与党が押し切ってしまった。

9月15日の参院特別委員会公聴会で、明治学院大学4年生・奥田愛基さんが意見を述べた。一般紙には見当たらなかったが、ニコニコ生放送が全文を流していた。奥田さんは「SEALDs」(Students Emergency Action for Liberal Democracy‐s)=自由と民主主義のための学生緊急行動=を仲間数十人と立ち上げた。立憲主義の危機や民主主義の問題を真剣に考え、5月から活動を開始したという。

全国に拡大する抗議集会

率直な若者の叫びに感銘したので、以下に要旨を掲載し参考に供したい。

「私たちが訴えたいことは3つあります。1つは、いま全国各地でどのようなことが起こっているか。2つ目は、この安保法制に関して、国会はまともな議論をしているとは言いがたく、あまりに説明不足ということ。端的に言って、このままでは私たちは、この法案を納得できません。3つ目は、政治家たちへのお願いです」。

「私たちが独自にインターネットや新聞で調査した結果、日本全国で2000カ所以上、数千回を超える抗議が行なわれ、130万人以上の人が路上に集まって声をあげています。声をあげずとも、法案に疑問を感じている人はその数十倍もいるでしょう。我々の行動への誹謗中傷もありますが、私たちはこの国の民主主義の在り方について、真剣に取り組んでいます」。 「第2に各世論調査の平均値を見たとき、始めから過半数に近い人々が反対していました。『政府はきちんと説明していく』言うけれども、反対世論は盛り上がり、月日を追うごとに反対世論は拡大しています。政府は先に言った答弁とは全く違う説明を、翌日に平然と取り消している有様。このため政府の国会答弁を聞いて不安になり、抗議集会に足を運んでいるのです」。

自由で民主的な社会を望む

「最後に、私個人の、1人の人間としてのお願いです。政治家はどうあるべきかを考え国民の意見を聞いてください。・・困難な時代でも希望があることを信じて、私は自由で民主的な社会を望み、この安全保障関連法案に反対します」。

以上、明治学院大学4年生の的確・純粋な意見を紹介したが、このような若者の発言は鮮烈である。「18歳選挙権」時代への期待が膨らむ。

池田龍夫(いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

忖度ジャーナリズムの台頭と情報民主主義社会の衰退

第73回「森と海はつながっている〜崩れていく海洋生態系の話(1)」

「強い日本」はいらない

憲法施行70周年に考えておくべきこと(運動論に引きつけながら)