NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  沖縄県知事、辺野古移設承認を取り消し

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

沖縄県知事、辺野古移設承認を取り消し

寄稿:池田龍夫

2015年10月14日

沖縄米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設計画につき、翁長雄志沖縄県知事は10月13日、辺野古埋め立て承認を取り消した。国は対抗措置として、行政不服審査請求を行う方針である。

中谷元・防衛相が「埋め立て承認には瑕疵はなく、取り消し審査請求する」と主張しているのに対し、沖縄県側は「①辺野古埋め立てにつき適切な審査をしていない、②埋め立て予定地周辺の自然環境を十分に把握していない、③騒音などについて、米軍への周知は進んでおらず住民の不安が募っている」と反論。国と県との攻防は最悪の事態になってきた。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

見逃せない公的行事の私物化

一水四見・歴史曼荼羅(62)米中覇権攻防の実態  ― 文明の衝突か対話か?

INF条約失効後の日本を取り巻く核兵器の状況―日本政府へ核兵器禁止条約批准を求め、北東アジア非核地帯を実現させよう③(完)

日本の有権者は100年の眠りから目覚めるか―選挙運動規制からみる「参加させない政治」―