NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「9月19日忘れない」――安保法制反対、全国に広がる

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「9月19日忘れない」――安保法制反対、全国に広がる

寄稿:池田龍夫

2015年10月22日

10月19日、集団的自衛権の行使を可能にし、戦後の安全保障政策を大きく変質させた安全保障法の成立から1カ月を迎えた。合言葉は「9月19日を忘れない」。脱原発、環太平洋連携協定(TPP)反対を掲げる団体との連携など、来年夏の参院選を見据えて活動は活発化してきた。一方、安倍晋三首相は18日、米原子力空母に乗艦するなど日米同盟強化に懸命で、ノーテンキ振りは相変わらずだ。

東京新聞19日付朝刊が1面の大部分を割いて「9・19忘れない」と訴えた問題意識に感銘を受けた。安保関連法に反対する若者グループ「SEALDs」が18日行った都心の街頭行動にも多数が参加、全国的に反対運動が拡大している。

慌てた政府は、20日のホームページに解説文などを掲載。①日本周辺の安全環境は厳しさを増す、②「抑止力」=紛争を未然に防ぐ力です、③平和安全法制の成立を支持する声は米英をはじめ多い――など事態収拾に躍起である。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞OB。

こんな記事もオススメです!

第73回「森と海はつながっている〜崩れていく海洋生態系の話(1)」

「強い日本」はいらない

憲法施行70周年に考えておくべきこと(運動論に引きつけながら)

(40)トランプ新大統領と予断不能の新世界秩序