NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  気懸かりな「GDP年率0・8%減」

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

気懸かりな「GDP年率0・8%減」

寄稿:池田龍夫

2015年11月16日

先に「アベノミクスは破綻」と指摘したが、内閣府が11月16日発表した7~9月期のGDPの一次速報は、実質成長率が4~6月期に比べて0・2%減だった。この状況が1年続いた場合の年率に換算すると、0・8%減。2四半期連続マイナス成長となる可能性が濃い。

甘利明経済再生相は「在庫の影響を除けばGDPはプラスで、景気は緩やかな回復が続いている。問題は設備投資に力強さがないことだ」と話し、企業に投資を呼びかけていくと強調したが、先行きが心配である。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞Ob。

こんな記事もオススメです!

見逃せない公的行事の私物化

一水四見・歴史曼荼羅(62)米中覇権攻防の実態  ― 文明の衝突か対話か?

INF条約失効後の日本を取り巻く核兵器の状況―日本政府へ核兵器禁止条約批准を求め、北東アジア非核地帯を実現させよう③(完)

日本の有権者は100年の眠りから目覚めるか―選挙運動規制からみる「参加させない政治」―