NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  気懸かりな「GDP年率0・8%減」

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

気懸かりな「GDP年率0・8%減」

寄稿:池田龍夫

2015年11月16日

先に「アベノミクスは破綻」と指摘したが、内閣府が11月16日発表した7~9月期のGDPの一次速報は、実質成長率が4~6月期に比べて0・2%減だった。この状況が1年続いた場合の年率に換算すると、0・8%減。2四半期連続マイナス成長となる可能性が濃い。

甘利明経済再生相は「在庫の影響を除けばGDPはプラスで、景気は緩やかな回復が続いている。問題は設備投資に力強さがないことだ」と話し、企業に投資を呼びかけていくと強調したが、先行きが心配である。

池田龍夫 (いけだ・たつお)毎日新聞Ob。

こんな記事もオススメです!

第59回クラシック音楽の問題点(15)「2016年回顧」

米国によるシリア攻撃と北朝鮮威嚇―無法で危険な米トランプ政権の軍事挑発を許さない声を挙げよう

第80回「日本人の自然観と日本の自然保護NGO・研究者・学校教育(2)」

第79回「日本人の自然観と日本の自然保護NGO・研究者・学校教育(1)」