NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句を公民館が掲載阻止

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句を公民館が掲載阻止

寄稿:池田龍夫

2014年8月9日

毎日新聞8月5日付夕刊「特集ワイド面」に、俳人の金子兜太さんの対談が掲載されていたが、その鋭い指摘に感銘した。

埼玉県のある公民館が、地元の愛好家が選んだ俳句「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の広報誌への掲載を拒んだという話だ。金子さんの自宅(熊谷市)に差出人不明の手紙の中に、新聞記事の切り抜きが入っており、公民館が広報誌への掲載を拒んだと報じていた。拒否の理由は「世論を二分する問題だから」という。

金子さんの言葉を要約して紹介したい。「穏やかな平和な句です。今やこんな句までやり玉に挙げられる。あの時と同じですよ」と、戦前の治安維持法によって、当時の俳人が逮捕された暗黒の時代の話にまで及んだ。「昨年の特定秘密保護法成立時に嫌な予感がした。秘密保護法だって必ず適当な理由をつけて拡大運用する。安倍首相みたいに『死の現場』を知らぬ連中に限って、『自衛だ』とか言って戦争に首を突っ込みたがるんだ」と語り、金子さんが西太平洋トラック諸島での凄惨な体験談に話は及んだ。

94歳の金子さんの分析は見事で、右旋回の時代風潮をズバリ警告していた。

池田龍夫(いけだ・たつお)毎日新聞ОB。

こんな記事もオススメです!

見逃せない公的行事の私物化

一水四見・歴史曼荼羅(62)米中覇権攻防の実態  ― 文明の衝突か対話か?

INF条約失効後の日本を取り巻く核兵器の状況―日本政府へ核兵器禁止条約批准を求め、北東アジア非核地帯を実現させよう③(完)

日本の有権者は100年の眠りから目覚めるか―選挙運動規制からみる「参加させない政治」―