NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「雇われ日本人、ベトナム戦争で犠牲に」の報道に驚愕

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「雇われ日本人、ベトナム戦争で犠牲に」の報道に驚愕

寄稿:池田龍夫

2014年8月13日

日本敗戦の8月から69年の歳月が流れた。原爆の日の紙面に「日本は69年間戦死者を出していない」との見出しが躍ったが、平和憲法の支柱を日本人が守り抜いた成果を喜びたい。しかし、「雇われ日本人、ベトナム戦争で犠牲に」との報道に驚かされた。

毎日新聞がスッパ抜く。

毎日新聞が8月4日付朝刊で始めた連載企画「平和のとなりで」第1回に、「米軍に雇われた日本人1000人超がベトナム戦地へ」を掲載したのだ。

「当時の関係者を訪ね、資料を集めるうちに、(日本人の)戦地派遣が想像以上の規模だったことが分かってきた。佐世保(長崎)横須賀(神奈川)の米軍基地から米軍艦船に乗り組み、総数は1000人を超すとみられる。(中略)危険と隣合わせだった実態も分かってきた。68年9月、軍の下請けの米民間輸送船がメコン川で攻撃され、中国人船員が死亡し、沖縄の船員が負傷した。死亡した日本人もいた。『日本人船員射殺される/ 南ベトナム /米舟艇の乗組員』。当時の毎日新聞の見出しだ。中部の港町で64年1月、南ベトナム政府の治安部隊に撃たれたという。記事は、犠牲者を『サイトウ・ケンゾウ(年齢、出身地不明)』と報じた。(中略)ベトナムで亡くなった日本人を探して、千葉県館山市の漁師町にたどりついた。同市船形の斉藤賢三さん(死亡時28歳)。兄(82歳)の話によると、弟は日本の仲介業者と契約し、1961年ごろから米軍で働いていたという。別な情報によると、米軍横須賀基地では5000人の日本人が働き,うち2000人が艦船の修理に従事していたようだ」

日本政府に徹底調査を求める

毎日記者執念の特ダネと称賛したい。米軍の下請け日本人がいたに違いないが、犠牲者までいたことに驚く。ベトナム戦争でこうなら、イラク戦争でも日本人が徴用されていたのではないか。政府はこの実態を知りながら、口を閉ざしていたのだろうか。外交文書を徹底的に調べ上げ、真実を公開してもらいたい。また毎日新聞だけでなく、他メディアも、隠されている外交案件を粘り強く追及してほしい。

池田龍夫 (いけだ・たつお) 毎日新聞ОB。

こんな記事もオススメです!

第77回「野生のヨウムは救われるのか(1)」

国民が緊急事態条項を考えるために必要なこと

森友学園…幕引きは許されない

この時代、私たちに活路はあるか~安倍内閣を倒すしかない