NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  「福島原発さいたま訴訟」をご支援ください!

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

「福島原発さいたま訴訟」をご支援ください!

寄稿:桂川 潤

2014年5月20日

福島原発事故は、発生から3年が経った現在も全く収束していません。被災者は、放射能汚染と被曝の恐怖にさらされ、さらには故郷を追われ、困難極まる避難生活を強いられています。ところが、国も東電も、被害を過小評価し、自らの責任に向き合おうとしません。

そんな中、福島から埼玉へ避難されてきた6世帯16名の被災者が、止むに止まれぬ想いで2014年3月10日、さいたま地裁に、国と東京電力を被告とする損害賠償請求訴訟を提起しました(同様の訴訟が、現在19都道府県で提訴・準備されています)。

この訴訟は、1)国と東電の責任の明確化 2)真の生活再建に足る損害賠償請求 3)事故の再発防止を目的としています。わたしたち埼玉在住の市民は「福島原発さいたま訴訟を支援する会」を結成し、裁判闘争の支援、広報にあたっています。

第1回期日は6月18日(水)午後2時から さいたま地裁101法廷。裁判終了後、埼玉弁護士会館で、報告集会と支援する会結成集会を行います。故郷を追われ孤軍奮闘している原告らを励ますためにも、傍聴席をいっぱいにしましょう!

ぜひお運びください。

「福島原発さいたま訴訟を支援する会」への入会を希望される方は、郵便振替口座に1)氏名(+フリガナ)、2)住所(湯便番号も)、3)電話番号、4)できればE-mailアドレスをご記入の上、年会費(一口 1,000 円:複数口申込や埼玉県外の方も大歓迎)を、ゆうちょ振替(口座名:福彩支援/口座番号:00130-7-550500) 宛にお振り込み下さい。

「福島原発さいたま訴訟を支援する会」

北浦恵美:apply@fukusaishien.com

吉廣慶子(みさと法律事務所 〒341-0024 埼玉県三郷市三郷1丁目13-12 MTビル 2F‎ tel:048-960-0591 fax:048-960-0592)

桂川  潤(ブックデザイナー、「福島原発さいたま訴訟を支援する会」事務局)

こんな記事もオススメです!

墓穴を掘ってはならない――外側から見る日本の総選挙

2020年改憲への賛否を問う

総選挙、9条改憲反対、安倍政権退陣の歴史的闘いへ

私たちは北朝鮮脅威論にどのように向き合うのか?―憲法9条護憲論の本気度が問われている (下)