NPJ

TWITTER

RSS

トップ  >  NPJ通信  >  大津地裁の「高浜原発再稼動ストップ」は英断

【NPJ通信・連載記事】読切記事

過去の記事へ

大津地裁の「高浜原発再稼動ストップ」は英断

寄稿:池田龍夫

2016年3月17日

関西電力高浜原発3,4号機の安全性に疑問を抱いた大津地裁の山本善彦裁判長は,3月19日から運転停止させた。

高浜原発は、福井、京都、滋賀の3府県にまたがる約18万人の住民が万一の際、避難を余儀なくされる。地裁は「避難計画も視野に入れた規制基準を作る義務が国家にある」と、政府に対して問題提起したものだ。

政権と少数の「原発ムラ」関係者たちが,いくら安全神話を復活させようとしても、事故前に戻すことはできない。その点で、今回の大津地裁の判断は画期的である。

こんな記事もオススメです!

メディアの使命とIOC改革

2020年東京オリンピック(平和の祭典元年宣言)

急がれる“反安倍”の受け皿整備

オリンピックの意義(オリンピックはあくまでも平和の祭典、スポーツの祭典に非ず)